八朔画像

 

八朔とは

旧暦八月一日、現在の8月下旬を指し毎年その頃から食べられるようになるからこの名が付けられたと言われていますが、実際その頃の新しい実は青くてまだ小さくて食べられたものではありません。 当地では木へそのまま成らせ置いたものは極少ですが7月まで残す事が出来ます。

下の写真は木成り八朔を7月に収穫したものです。月を越しても未だ樹にいくつか残っています。八朔の時期まで食べられるからこの名が付いたと私は勝手に解釈しています。  変わらず実が美味しいです。より甘みが増します。

7月まで樹に生っている八朔

八朔の起こりは今から150年ほど前すなわち江戸時代末期に尾道市の浄土寺で発見されたのが基とされています。 高知県にも伝わって土佐文旦が栽培される前は柑橘の主要生産品でした。 今では土佐文旦畑に自然交配用に残してあるのみで商品としては土佐文旦の影に潜んでいます。

しかし生産者とかは 

土佐文旦より赤っぽいオレンジ色の表皮と果肉で より小ぶりで 実はプリプリして歯ごたえ感がある八朔の甘みを愛しています。 私の1歳3ヶ月の孫はこれをねだるほど大好きです。

小学生に文旦、八朔味見してもらう

 

先だって14名の小学2年生が授業の一環として来園したので土佐文旦と八朔を食べ比べてもらったのですが、結果彼、彼女達の評価は〔引き分け〕でした。

そのまま剥いで食べても良し、今の時期は味にコクも出来てきました。 ジュースにするも良し。 ジュースにすると少し苦味が加わり大人の味になります。

この味は大切にしたいと思っています。 昔懐かしい堅い締まった果肉、ビタミンCいっぱいです。


リピーターの方は「お問合せフォーム」もしくは弊園からのメールに返信にてご注文下さい。お得な特典があります。住所等に変更があればご連絡ください。

沖縄・離島の送料はお問合せ下さい。

無農薬八朔(農薬不使用)
価格:円(税込)送料別
重量:10キログラム
個数:30個前後

 

無農薬(農薬不使用)八朔
価格:円(税込)送料別
重量:5キログラム
個数:15個前後

発送は2月中旬より始め4月初旬終了を予定しています。注文主と送り先が異なる場合も備考欄をご利用下さい。


ムッキーちゃん

文旦や八朔の皮をむいたり、中の房を切ったりするのに便利な「ムッキーちゃん」 ”優れもの”便利グッズです。商品同時梱包の場合のみ販売。送り先多数の場合どの箱に入れるか指定してください。1個300円(税込)

強くお勧めします《安心の八朔ジュース》

私は親しい人が来訪された時 

      これをもって歓待します。

純粋の八朔だけのジュースです。

優れたワイン作りには私の園で作られる糖度の高い生食用のぶどうは全く適しません。 ワインには酸味が利いた野ぶどうが最適です。 ジュースにも適したものがある。

少し苦味がある八朔が最高です。ぜひ作ってみて下さい。

                               適当に切ります 八朔を切る 皮だけ取り除き、種ごとジューサーに放り込みます  ジューサーが種も薄皮も取り除いてくれます。他には何も加えません。 出来たら新鮮なうちに飲んでください。 適度な苦味が良いのです。置くと苦味が増します。

絞りたて八朔ジュース                            八朔ゼリーも食感好いですよ! 娘が作った八朔ゼリー


 

 

お気軽にどうぞ090-7576-5130受付時間 6:00-17:00

メールでのお問い合わせ お気軽にどうぞ