かかり木の始末

かかり木の始末先だってのかかり木、先ず改めて根元に受け口を設け追っておいて、上部へロープを架け安全な所で引っ張った。

なぜ危険な下部へ入って切ったかと言うと、直角に折れた木がしっかり支えられていたと言う点と、安全な逃げ場所を用意してから事を起こしたからだ。

いずれにしてもこのような危険な事は一人でやってはいけない。

それと私が反省すべき点は失敗した切り口をこの隣にあった先に倒した椎の木の足場を利用して高い場所に設けた事だ。

改めて下に行って適度な高さから切るべきだった。